明秀館 〜続けることを続ける〜 近鉄富野荘駅から徒歩3分 城陽市 進学塾

高校受験をゴールにしない!現役国公立大、難関私大合格へ

大学受験の気になるニュース

■出題範囲の配慮はしない 国公立大学

 

https://www.asahi.com/articles/ASN6Y7JQ8N6YULZU00V.html

 

■校長判断で第1、第2日程を判断

 

https://this.kiji.is/650293837089227873

 

上記の2つのニュースは押さえておきたいところ。

 

国公立大の出題範囲が変わらないであろうことはすでに予測の範疇だったので、学校が休校期間中にもずっとそこは意識して進めています。

 

第1、第2日程に関しては基本的に第1日程で進めないと私立大の入試とのバランスが取れない。

 

関西は例年だと私立入試はセンター試験が終わって早いとろこだと1週間以内に始まります。

 

怖いのは校長判断が選択可なのか、強制力を持ったものなかということ。

 

『うちの学校は全員〜』これをやる学校が出ると厳しい。

 

また、保護者の中には第2日程の方が、第1日程の様子を見てから受けられるから有利と思われるかもしれませんが、そうはなりません。きっと。

 

まして、そのあとの私立入試や、国公立二次試験に向けての時間がどんどん削られることを考慮しても現時点では第1日程にピントを合わしていくのが正解かと。